院長によるプライバシーを守る個室での治療と削らない、抜かないの治療方針で多くの方に選ばれてます_竹芝駅・浜松町駅から便利!多数の方にご来院いただいてます

新型コロナ肺炎対策について

1 診療室ごとに空気清浄機を設置して、診療中に常時稼働しています。

2 診療室は個室になっているので、他の治療中の患者さまの飛沫などは心配入りません 。

3 空調は常時最大にして換気に配慮しています。

4 歯を削る器具(エアータービン、コントラアングル、エンジン)は使用後 オートクレーブにて滅菌しています。 使い捨て出来るものは使い捨てし、歯科医 歯科衛生士がグローブ時に触る部分は滅菌テープを患者さまごとに交換しています。→詳細はこちら

5 診療後は診療台 席などアルコール消毒をしています。

6 待合室で他の患者さんと同席しないように、早めに入室、お会計を心がけます。

お知らせ

2022.5.21 歯科に関するよくある質問を更新しました!
>>入れ歯とブリッジ どちらのほうが良いですか?

スタッフブログ更新中です!

RSS Feed Widget

アクセス※駐車場完備MAP

  • <電車>
    ゆりかもめ 竹芝駅直結
    JR浜松町駅 北口より徒歩7分
    地下鉄大門駅 B2出口より徒歩12分
  • <バス>
    ☆都営バス 竹芝桟橋バス停前下車
  • <船>
    ☆東海汽船 竹芝桟橋直結

当院の滅菌・消毒

竹芝サウスタワー歯科スタッフブログ

伊豆7島からの患者さまへ

デンタルローン

歯科に関するよくある質問  >>Q&A集はこちら

Q. 歯ぎしり、食いしばり用マウスピースは効果がありますか?

A. 人間の咬む力は体重と同じかそれ以上の力で咬むことができます。 男性だと100kg。通常はそれの1/4から1/3で食事をします。睡眠時に60㎏の力が歯に加わると歯にヒビが入ったり、詰め物が取れやすく虫歯にもなりやすくなります。 歯周病も歯ぎしり、食いしばり、タッピング(かちかちならす)により歯茎と顎の骨が減少します。
毎日 マウスピースをすることによりその悪影響を防止できるので大変有用です。
ただ経験上、作成しても面倒くさがり、なかなか寝付けない人は止めてしまいます。毎日、継続して行うことが重要です。

Q. 歯科用CTと普通のレントゲンの違いは?

A. 虫歯の深さ、銀歯の中、歯周病原因や親知らずの根の形態など歯科治療では視認できない事はレントゲンで確認します。従来のオルソパントモといわれる横長の2次元のレントゲンで平面でしか映らず、精度もよくありません。 細かい治療が多い歯科治療では詳しく3次元で映るCT断層撮影をした治療のほうが予後、詰め物の寿命、インプラントの安全性に大きく貢献します。
例えばCTで1本の歯を撮影するとその歯を上下左右、360°どの位置からでも神経の位置や根の形状も把握できます。よりピンポイント、余計な歯を削ることをできるだけ避けられます。 昔と違い被ばく量も少なく体の負担も気にしなくてよいレベルです。保険診療では一部の診療しか認められてはいません。

Q. 新型コロナウイルスと歯周病は関係ありますか?

A. コロナウイルスは口や鼻、目などから人間の体内に侵入しますが、入ったからといって 誰もが感染、発症するわけではありません。 喉などから侵入する場合、健康な人だと粘膜は糖タンパクにより守られているので、 ブロックされます。 しかし歯周病になっている人は、歯周病菌が産生する物質により糖タンパクを破壊し 容易に侵入しやすくなります。 また歯周病に罹患していると免疫暴走(サイトカインストーム)が起こりやすく、より重症化しやすくなります。 インフルエンザウイルスも同様で歯周病が中程度以上に進行していると健常者と比較すると10倍感染しやすくなります。

Q. PMTCって何ですか?

A. PMTCとは、お口の健康管理を目的としたプロが行う歯のクリーニングです。専門の器具を用いて、お口に溜まった汚れや細菌を除去し、清潔な口腔環境にいたします。虫歯も歯周病も、細菌による感染症です。一度虫歯や歯周病になった方は放置しておくと他の歯に感染してしまいます。そのため、歯磨きで細菌を除去することが大切なのです。しかし、歯磨きで除去しにくいところに細菌が集まり、歯ブラシでは落ちない頑固なバイオフィルムを形成します。これを定期的に専用の器具で破壊し除去していくのです。そして、歯の再石灰化を促すお薬を歯にすりこみます。

Q. 歯ブラシの取り換え時期っていつですか?

A. 歯ブラシの取り換え時期は朝・昼・夜きちんと磨いた場合で約1ヶ月が目安です。歯ブラシの背の方から見て毛が外側にはみ出していたらもう寿命です。毛先が開いた歯ブラシでブラッシングしたり、力を入れすぎて磨くと歯肉を傷つける心配がありますし、プラークを落とすことが出来ないので注意しましょう。

         

Q. ドックベストセメントって何ですか?

A. ドックスベストセメントとは、アメリカで開発された、虫歯を完全に取り除かず、また歯の神経を取らずに治すという次世代のセメントシステムです。通常の治療では、歯髄(神経)に虫歯が達していたら「歯の神経を取る」という治療になることがほとんどですが、ドックスベストセメントを使用すると、虫歯の部分をほとんど削り取る必要性はなく、ドックスセメントの力で石灰化し、治癒し、神経が残せます。大事な歯を、極力削らないですませることができます。詳しくはこちら